海外就職と電子書籍発行の最新情報をお伝えします


もりぞお海外研究所では、
・日本人が選択可能なキャリアのひとつの選択肢 「海外就職」
・情報発信と副業の新たな選択肢 「電子書籍個人出版」
について、私が自ら実験台になって調べたノウハウをご提供します。

西野サロン、主とメンバーの共犯関係

昨日投稿した、「内側から見た、西野サロンが炎上する理由」というBLOGOSの記事がアクセスランキング1位になっています

画像1

予想通りです。

今回は、私がこれを書いた「動機」と、それが西野氏の狙い通りの行動ではないかという予想についてお話します。

これを読むと、信者が増える理由も、アンチ増える理由もわかると思います。


人が読みたがってるものを書く

一応私は、(メインの仕事ではないですが)本とかも書いてて、文章を書くのは好きです。
今は、大学生向けの研修プログラムをやっているので、大学生に興味を持ってもらえる記事を書けば、宣伝になるかなーと思って書いています。

今回、西野サロンの話を書いたのは、映画のヒットとともに、西野サロンについての世間の関心が高まっているのと、それに対する賞賛も批判もちょっとずれてるなーと感じた事から、他の人とは違った切り口で記事が書けると思ったからです。

賞賛するところを探して書く「信者的記事」でも、批判することを探して書く「叩き記事」でもない記事を読みたい人が多いんじゃないかなとおもったわけです。

人が読みたいものを書くと、喜ばれるので、そのうち自分にもいいことがあるし、短期的にはPVも増えるのでいいことだらけです。


西野氏目線ではどうだろう?

この記事を西野氏が読んでるかどうかは知りませんが、この記事も含めて、自分の記事が書かれているのをみて思うことは、おそらくこれでしょう。

予想通りです。

彼は前から映画えんとつ町のプペルが、鬼滅の刃やポケモン、ドラえもんと比べて圧倒的に負けているのが「認知度」であると言っていました。
ライバルの映画は日本人の99%が名前を知っているが、プペルの名前を知っている人はほとんどいません。

そして、オンラインサロンは1万人も集めれば日本最大手になれますが、映画は100万人集めてはじめてヒットです。桁が違います。だから、認知度をもっと高めなくてはなりません。

で、西野氏は、認知度を高めるときにしばしば、SNS上で議論をさせる ≒ 炎上させるという手法を使います。

例えば昔やったもので、「500円払ったら目をそらしながら謝礼」「1000円払ったら目を合わせて謝礼」「10万円払ったら西野が1日休む」なんてものを売ってます。


これを読んで、まあ普通の人は「ネタでやってるんだろうなあ」って思って笑うわけですが、叩くところを探している人からみたら絶好の叩けるネタ。
全力で「信者ビジネスだー!」という書き込みをtwitterや5ちゃんねるに書き込むことによって、クラウドファンディングサイトへのアクセスが上がり、西野サロンの認知度が上がるわけです。

今回の私の記事も同様に、西野サロンが話題になることで、ちょこっとだけプペルの認知度が上がり、観客動員が増えることになります。
と、いうわけで、そこに乗っからせてもらう代わりにせめてものお礼にトップの絵を映画プペルにさせていただきました。(まだ0プペですが)


こういうののヒントがサロンの記事

実はこのような「相手の宣伝になるように乗っかるといいよ!」ってことのヒントが、オンラインサロンの記事にかいてあるわけです。

直接書いてあるわけじゃないけど
「音楽をやってる人は、売れてる曲のカバーをYoutubeに発表しまくるのがいいよ。そこから、誰かが見つけてくれるかもしれないから」
みたいな感じで。

そして、自分も「えんとつ町のプペルの主題歌のカバー曲作って!」と募集をしています。

メンバーにやり方を教えて、そのメンバーの行動で自分の宣伝をしてもらうとか、ホント上手いんですよ。(そして、ちゃんと西野氏が歌い手の宣伝をすることで、win-winにもっていっている)

こういう行動が見えたときに、おおーって思うんですよね。
映画の伏線が回収されたような気持ちよさです。


すでにお見通し

この記事の内容は、実は、一昨日、前の記事のオチに使おうと思っていた内容です。
がしかし、ちょうど一昨日のオンラインサロンの記事に、これに類することが書かれてたのですよ。(有料の記事なので、詳しい内容はお伝えできませんが)

個人的には、どひゃー!と思って面白かったのですが(そして自分の記事を書き換える羽目になった)、これを快く思わない人もいます。

コンサルティングとかでも、自分たちの行動を全てを言い当ててもらうと喜ぶ人もいますし、逆に反発したくなる人もいます。

西野氏の記事を読んでいる人のうち、前者が信者で、後者がアンチです。
アンチのヘイトを煽ることで、認知を高めるというのがひとつの手法になっているわけですが、ヘイトを高めすぎると、何かをやらかしたときに一気に叩かれる可能性があります。

西野氏は叩かれなれているのであまり問題なさそうですが、普通の人が真似をすると怖いのはこういうところです。

こうやって、自分に対して肯定的な人の心理も、否定的な人の心理もしっかり掴んで、自分に有利になるようにコントロールしているところが、彼が「教祖」と言われる所以です。
そして、コントロールされることに、生理的快楽を持つ人と、生理的嫌悪感を持つ人がいるのです。

このような、信心とヘイトの間の危ない梯子をひょいひょいとのぼり、えんとつの上から煙を吹き飛ばそうとする西野氏。
これからも距離を保ちながら、学んでいきたいと思っています。

※西野サロン記事、そのうち、もう1プペくらい書きます。

この前の記事
内側から見た、西野サロンが炎上する理由

内側から見た、西野サロンが炎上する理由

こんにちは。
西野サロン在籍6ヶ月、0プペの森山です。

映画「えんとつ町のプペル」がヒットするとともに、小規模に炎上している西野サロンですが、外部の人が推測で話をしているのは結構ずれてるなーと感じます。
とはいえ、炎上の火種は結構前から感じていて、案の定そこが燃えているなという気もしてます。

と、いうわけで、6ヶ月の参加の経験から、中の様子や炎上の理由について解説します。

私の属性

西野サロン歴 6ヶ月(課金額6000円)
0プペ(0歳児の娘がいるので、映画館とかいけない)
自営業 在宅勤務(学生向けの研修プログラム運営)
今おすすめの映画 DisneyPIXARのソウルフルワールド(次点はマンダロリアンシーズン2の最終回)

西野サロンの内側

西野サロンはよく宗教に例えられますが、サロン加入特典自体は、そんな感じはありません。
月会費が980-1000円で、入会すると毎日Facebookに記事が投稿される。それだけです。宗教でいうと聖教新聞オンラインみたいなもんですね。

ただ、性質はどっちかというと、サッカーのサポータークラブに近いところがあります。

毎日送られてくる記事の内容は、大きく分けて3つです。

1.西野の野望
2.戦略解説
3.結果報告

以下、3つについて、詳しく説明します

1.西野の野望

「ディズニーを超える!」という大目標から「絵本を100万冊売る!」「映画をヒットさせる」という中目標、そのために「映画館がファンが来たがる場所にする!」「リピーターを作る!」といった小目標まで、自分の目標を定期的に明言します。

サッカーでいうと「クラブ世界一になる!」「日本代表を輩出して、ワールドカップで優勝を目指す!」とか「そのために今季J2で優勝してJ1に昇格する!」とか「観客動員50万人を目指す!」とか発信する感じですね。

2.戦術解説

で、ここが、西野サロンの一番面白いところなのですが、上記の目標を達成するためにやっていることをリアルタイムで解説するんです。

「映画館に来てもらうためには、大きなスクリーンでみることの魅力を伝えなきゃいけない。だから、記者会見は大きなスクリーンの前で行う」みたいなことを書いて、実際にそれを実行するわけです。

その施策は成功することもあれば、空振りすることもあるのですが、特にリアルタイムで実行されて結果が出るのが面白いのです。

サッカーで言うと、チームの監督が「次の試合はこういう戦術でいくから、この選手を使って、この様なフォーメーションでいく!」ってのを試合直前に解説してくれる感じですね。それを知って試合を見れるので、試合が何倍も面白くなるわけです。

3.結果報告

それをふまえて、「観客動員100万人超えました!」「絵本60万部突破しました!」とか発表するわけです。サッカーで言うと「勝った!」「負けた!」ってところです。
ただ、おもしろさのメインはここじゃなくて、2の戦術解説です。


西野信者分類

このようなコンテンツを月1000円で受け取る人が7万人以上いるわけですが、これを3種類に分類します。

1.みてるだけ

おそらく90%以上の人が、みてるだけです。
文章読んで、おー!すげー!って言ってる感じ。
ときどき、映画館行って、エンディングで拍手したりもします。

2.ガチで学ぶ

5%くらいのひとが、自営業とかマーケティング職の人で、ガチで学んでると思われます。私もそのうちのひとり。どぶ板営業で「まずは人と会え!」からスタートして、施策の考え方や広げ方など、実に参考になります。

絵本を買うお母さんは、外れのない絵本を買いたい。だから、絵本を無料公開して、外れでない事を家でも確認できるようにする。
でも、子供に絵本を読み聞かせるのはWebではやりにくいから、紙の絵本を買ってくれる。
だから、絵本をWebで無料公開するのは効果的である。

といったことですね。施策の狙いがロジカルに説明されるので、自分のビジネスに活かせるわけです。(例えば、読み聞かせがない漫画とかは無料公開しない方がいい。自分の商品の価値を分類することが大切。ということがわかる。)

もちろん、知名度が全国区の芸人がやることなので、ほとんどの人に再現性がないのですが、そんな人でも毎日Youtube Liveをやり、昼には映画館に行って一緒に映画をみるというドブ板営業やってるのをみると、近道はないな…って、安易な攻略法を見つけようとしてる自分に往復ビンタしたくなります。

サッカーで言うと、JFLとか草サッカーチームの選手や監督が、ガチで戦術を学ぶ感じですね。

3.ガチで応援する

残りの5%くらいの人がガチで応援してます。

サッカーで言うところの、ゴール裏サポーター席に行く人たちです。
誰も頼んでないのに、会社を休んで、金を払ってゴール裏に陣取り、声を枯らして応援します。
場合によっちゃ、何万円、何十万円も払って、チームが主催する弾丸ツアーで北海道とか海外にまで行くわけです。
部外者からすると、なんでそんなことするかさっぱりわからんのですが、これってメチャクチャ楽しいんですよ。

サポーターってすごい言葉で、さらに「サポーターは12人目の【選手】です」とか言っちゃうのスゴいと思うんですよね。

自分がチームの一員になったら、勝ったときメチャクチャ嬉しいじゃないですか。
しかも、11人の選手はメチャクチャ才能があった上に無茶苦茶長い期間努力してやっとなれるのに、12人目の【選手】は金さえ払えば簡単になれるんですよ。

ある意味フェイクではあるのですが、客としてではなく、【選手】として参加することの楽しさって、格別なんです。
これと同じことを、ビジネスでやっているので「宗教」とか言われちゃうわけです。

これをビジネスとしてやるときには、「映画のここのナレーショーン、仮バージョンではこれにしているのですが、サロンメンバーのみなさん、もっといいもの思いついた人、ご意見ください」くらいのものからスタートします。

これで、このナレーションを一生懸命考えた人は、映画に思い入れができるので、その後の経緯を積極的に追いかけるし、映画も観に行くわけです。

ただ、このガチ応援する人が、炎上の火種にもなるのですが…。


西野サロンが炎上する理由

サッカーのサポーターにもフーリガンという迷惑な人たちがいます。
チームが好きすぎて、客席で相手チームのサポーターと喧嘩したり、ふがいない試合に怒って発煙筒投げたり、監督にタマゴをぶつけたりする人たちです。
彼らは、12番目の【選手】として、チームが強くなるために、よかれと思ってやってるんです。

でも、こういう人たちによって「サッカーサポーターヤベえ」「サッカー会場こええ」とか思われてしまうので、チームにとっても非常に迷惑です。

同様に、サロンの中でも、西野氏が好きすぎて、迷惑行為をする人が出てきてしまい、これが炎上を招き寄せます。これは、単純にメンバーの暴走もあれば、制度設計のミスの場合もあります。

1.参加者から金を取るコトへの反発

上記の様な、ネット上での提案などはたくさんの人が参加しても問題ないのですが、リアルに集まって何かを作るという場合、人が集まりすぎると収拾がつかなくなります。
また(ボランティアなどもそうですが)あまりやる気がない人が集まると、現場でお荷物になってしまい、いない方がマシという状況になります。

そこで「参加費を払って、作業をする」とすることで、やる気のある人だけ少数精鋭であつめることができ、作業のクオリティも上がるし、参加した人の満足度も上がります。

コンサートとかも、無料のコンサートよりも、高額のコンサートの方が会場の雰囲気が良くなり、アーティストも観客も喜ぶことになるのと一緒です。

ただ、世の中の多くの人は 仕事 = 嫌なこと = 金もらわないとやりたくない って思ってるので、これにアレルギー反応を示すんですよね。多くの仕事って2割くらい楽しくて、8割くらい大変だったりするので、この楽しいところ2割を切り出すと、エンタテイメントになるんですけど、多くの人にはこれがわからんのです。

例えば、サッカーで言うと、試合中コートの外に出たボールを拾いに行く仕事とか、チームのベンチのドリンクを補充する仕事とか、サッカーが好きな人なら、金払ってでもやりたいじゃないですか。

この辺に関する炎上は、思想の違いなので、もうどうしようもないのですが、私的には「好きでやってるんだからいいんじゃね?」と思っています。


2.クオリティコントロールによる炎上

メンバー参加型のイベントをやるときにむずかしいのは品質管理です。
所詮、素人がやることなので、どうしても品質のばらつきが出てきます。
プロのスタッフが品質管理をすることになるのですが、あまりプロが出張ってしまうと、メンバーのやることがなくなってしまいます。

この木の時計台とかはその典型です。(西野、木の時計台で検索してみてください)

プロのスタッフの仕事と、素人の仕事をどう棲み分けして、最終的なクオリティを上げるかは、本当にむずかしいです。(私も苦労してます)
これは、試行錯誤が必要ですね。


3.暴走による炎上

いちばんやっかいなのが、これです。
メンバーが、意図せぬ方向にがんばってしまうこと。
本人もよかれと思ってやっているので止めにくい。

80プペの人とかがその典型です。
これは、西野氏が「映画の前売り券+台本を3000円で売るから、サロンメンバーの人、好きな値段で売っていいよ」という施策でした。

おそらく、飲食店とか小売店とかの人に、本業のついでに売ってもらうことが目的で始めたのだと思います。一部のメンバーが暴走して、失業保険で80セット=24万円も買っちゃって、ひとつも売れなくて、その経緯をblogに書いて炎上してしまったわけです。

これも、サロンの中で西野氏が、オンライン講演会と前売り券をセットにして、5万枚近く前売り券を売ったところをみて、「自分にも80枚くらいイケる!」と思ってしまったんでしょう。
その、根拠のない自信は若者の特権です。

とはいえ、失業保険の24万円をぶっ込むのはリスク取り過ぎで、褒められたことではありません。
でも、西野氏が「1億4000万円前売り券プレゼントした!」とか言ってるのを見ると、自分にも出来る気になっちゃうんですよね。
ここの、お気持ちコントロールが非常にむずかしいところ。

そして、一人目立つ人が出ると、炎上して、揶揄されてしまうので大変です。

他にも「感想を書くときはSNSだけじゃなくて、映画のレビューサイトとかにも書いてくれると嬉しい!」と発言すると、プペルを★5評価するだけでなく、鬼滅の刃とかポケモンとかの★1評価も書いてしまう人がでてきちゃうわけです。

いや、そんなんすぐにばれて炎上するから。
西野氏にとっても完全に迷惑なのですが、こういう人もでてきてしまうわけです。


大人数を組織する難しさ

我々も、研修プログラムで、学生にビジネス体験を提供してます。
ただ、1チーム5-10人、年間300人程度なので、一人一人に目が行き届くため、しっかり管理ができます。

これが7万人、5%のガチ勢だけでも3500人となると、このような事態になることは仕方がないのかなと思っています。

このような炎上が認知になり、動員に繋がるという考え方もありますし、とはいえ、大きな被害が出てしまうというリスクもあります。
このさじ加減というのが、今後の運営の肝になってくるとおもうので、また新たな施策がでてくるでしょう。

西野氏は「期待値コントロールが大切」ということを何度も言っています。
例えば「「映画えんとつ町のプペルができるまで展」は完成した画像は全然ないから裏側を見たい人以外が行くと期待外れになるかもしれない」と何度も伝える感じです。

おそらく、これからは、サロンメンバーに対してもこの期待値コントロールをやっていく必要がでてくるわけで、特に若くてやる気はあるけれども、自分のできることが見えていない人を、どのようにコントロールしていくかがキモになるはずです。

それは「信じれば、世界は変わる。」「信じ抜け」というメッセージとともに「落ち着け」「リスクは取り過ぎるな」というブレーキも伝えないといけないので、案配が非常にむずかしいのです。

ガチ学習勢の私は、これをどのように解決していくのかを学ぶため、今後も毎月1000円をお布施するのです。

※近いうちに、映画館で1プペしようと思うので、その感想も、こんな感じで公開しようと思っております

21年卒、就活内定率4.9%ダウン。ヤバイのは文系。

画像1

厚労省・文科省合同の21卒内定状況調査の結果が出ました。
12月1日現在で、大学生の就職内定率は82.2%。前年同期比4.9ポイント低下と、かなり下がっています。

画像2

ちなみに、この数字は、内定者/就職希望者なので、今後は内定を取る人が増えなくても、今年就職をするのを諦める人が増えると率は上がっていきます。

画像3

文系理系でわけると、理系が86.0%(-2.1)、文系が81.3%(-5.4)
大学以外だと、短大が57.6%(-14.4)、高専が97.1%(-1.6)です。

画像4

画像5

氷河期の就活は、実績重視

過去の就活氷河期と同様、このコロナ氷河期も、即戦力となる人材の就活は安定しています。
と、いうのも、企業からしてみると、採用可能な人数が限られているので、すぐに戦力になる人を優先して採るからです。

画像6

だから、プログラミングや電気工学など、すぐに実戦で使える技術を持っている学生はもちろん、実験したデータを集計し、考察し、レポートにまとめ、論文を書いた経験のある理系学生に有利になるのです。

文系学生はどうすればいいのか?

では、文系学生はどうすればいいのでしょうか?
答えは簡単で「私はこういう経験があるから、こんな仕事ができます!」って言えるように、実戦経験を積めばよいのです

画像7

営業職を目指すなら、携帯電話屋のバイトで売った実績を積んでみればいいし
マーケティング職を目指すなら、マーケティングを行うインターンで結果をだせばいいし
NGOを目指すなら、実際にボランティアをやってみればいいのです。

この傾向は22卒以降も続いていくと思いますので、ぜひ、バイト・インターンで実戦経験を積んでいって下さいね。

画像8

※今日、いろんな統計データがでたので、何回かにわたって分析します。

留学を手取り足取りサポートします!
もりぞお海外研究所

海外で生活している人たちに
直接話を聞いてみたい!
電子書籍に関する
最新の生情報を知りたい! そんな人たちのための、
有料会員組織です。
blogやtwitterで出せない生々しい情報を、じゃんじゃん公開しています。
サムライカレープロジェクトの現状も連日更新中!
会員200名突破!
(一般会員+メルマガ会員)
→詳細&入会情報はコチラ!

秋葉原でセミナーやるなら、アキバ会議室!

Wifi、プロジェクター、各種充電器など、便利なあれこれがそろってて、1時間3500円!

ad
無料メルマガ始めました
海外ラウンジ使い放題!
amazon
「世界」の仕事を探そう!
2017年も、タイだ!
サムライカレー公式ページ
著者近景

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。
プロフィール

もりぞお

ad
セカ就!外伝!

セカ就!新章書き下ろし!

完全書き下ろし250円!

セカ就!

前代未聞の海外就職ノベル!

100人以上からの感想!いただきました!

無料メルマガ始めました
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ