海外就職と電子書籍発行の最新情報をお伝えします


もりぞお海外研究所では、
・日本人が選択可能なキャリアのひとつの選択肢 「海外就職」
・情報発信と副業の新たな選択肢 「電子書籍個人出版」
について、私が自ら実験台になって調べたノウハウをご提供します。

東京五輪今世紀最低の視聴率に、アスリートファースト五輪の期待が!

東京オリンピック、アメリカでの視聴者数が1998年のソウルオリンピック以降最低を記録しました。 

画像1

北京オリンピックの半分以下なので、時差は関係ありません。
ネット中継や再放送の視聴者数も含まれてるので、ネットも関係ありません。
純粋に、オリンピック開会式を見た人の数が少ないのです。

日本では、前回の東京オリンピックに次ぐ視聴率でした。
しかし、アメリカで起こっていることはだいたい5-10年後に日本でも起こるので、東京オリンピックが、オリンピックブームのピークになるでしょう。(アメリカで最も視聴者数が多かったのが2012年のロンドンオリンピック)

しかし、これは、アスリートファーストのオリンピックへの第一歩ではないかと思っています。

オリンピック、2つの問題

競技が始まり、多くの人は開会式前の惨状を忘れ、競技に熱狂しています。
開会式が酷くても、アスリートの人は一流なのですからあたりまえです。

しかし、現在2つの問題があります
1.暑い
2.観客がいない

これが解消されていたら、もっと素晴らしいオリンピックだったのに。
そして、2021年10月に延期できていれば、気温も下がり、ワクチン摂取率が上がることにより観客も入れられて、より素晴らしくなったのに。

10月にできなかった理由

10月に延期できなかった理由は明確で「アメリカのテレビ局の都合」
10月は野球のプレーオフから、アメフト、バスケアイスホッケーと4大スポーツのクライマックス&開幕が目白押しで、オリンピックなんて放映している暇がないんです。

ただ、このスポーツの視聴率は、オリンピックだけではなく、バスケもホッケーも野球もテニスもゴルフも軒並み下がってるんです。
大谷が二刀流したMLBオールスターも過去最低。
スポーツの視聴率がとれなくなってるんです。

となると「どーせ視聴率とれないんだから、いつやってもいいじゃん」になる可能性がでてくるわけです。

なるか?アスリートファースト

お金が回ってこなくなることは問題なのですが、今、オリンピックはお金が集まりすぎてて、制御できなくなっているのではないでしょうか?

そもそも、開会式に100億円以上かける必要がどこにもないように、競技をやるのに兆円単位の金をかける必要はどこにもありません。

集まってくるお金と人が減れば、もう少し自由に開催する事ができ、その自由度をアスリートのために使えば、よりアスリートのためのオリンピックになるのではないでしょうか?

東京オリンピックの特に開会式がが、日本の問題をさらけ出したのと同時に、世界の(アメリカの)オリンピック・オトナの都合のターニングポイントになってくれるといいなと思っております。

ちなみに、私は今青森にいるのですが、エアコンがなくても過ごせるくらいの気温です。
テニスとかの屋外競技は青森復興五輪にすればいいのにと思うのですが、そうもいかないと思うので、小池百合子は今すぐテニスの会場にこの帽子を持っていくべきだと思います。

【東京五輪不祥事リスト付き】東京オリンピックが呪われてるんじゃない!組織委員会が呪いをかけているのだ。

オリンピック開会式前日、オリンピック組織委員会の橋本聖子会長会長は会見でこう言いました。

「お・も・て・な・し」で招致が決まったのが2013年。
8年間の準備期間があったにもかかわらず、前日までやるか・やらないかレベルで議論されるという、史上最悪のオリンピック、東京オリンピック。

いったい、なぜこんなことになってしまったのか。問題点を分析します。


東京オリンピック、不祥事リスト

まずは、これまでに起こった不祥事を振り返ってみましょう

・エンブレムパクリ問題
・JOC会長、贈賄で起訴
・トライアスロンのお台場の水、汚水垂れ流しで大腸菌
・新国立競技場、金かかりすぎで設計変更
・結局できたものはゴミ
・猛暑対策に、水まき、朝顔、三度笠
・結局マラソンは札幌に
・森元会長大暴れ→辞任
・川淵キャプテン、会長就任前に辞退
・開会式、パワハラとメンツでMIKIKOや椎名林檎をクビに
・開会式、渡辺直美を豚にする案が流出し炎上
・コンパクト五輪→当初の4倍の予算で史上最大に
・復興五輪ってなんだっけ?
・有観客→1万人→無観客
・選手関係者は選手村で隔離のはずが、六本木でウェイ
・アメリカ人スタッフ、六本木でコカインやって捕まる
・ウガンダ人重量挙げ選手、日本で働きたいと書き残し、失踪
・開会式メンバー小山田圭吾、25年前の障害者いじめを掘り起こされ炎上
・バイトのウズベキスタン人が、国立競技場で強制わいせつして逮捕
・ロシア人選手が、選手村の不便さを暴露
・開会式演出家が過去のホロコーストコントで辞任

これだけの途方もない不祥事が起こるのは一体なぜか?
悪いのは小山田圭吾なのか?諸悪の根源は個人ではないということ、原因は3つの要素であるということを解説します。


原因1.オリンピック組織委員会がポンコツ

小山田事件が一番わかりやすいのでこれを例にしますが、他の事件も、組織委員会がちゃんとしてれば防げた/ここまで酷いことにならなかった案件です。

小山田事件、問題点は3つで
1.多くの人が障害者暴行をしたという過去を知っている、小山田圭吾をオリ・パラ開会式に採用してしまった
2.炎上した後に「誠実に仕事をしているから、辞任はない」と2回も言い切った
3,その数時間後に辞任

1.に関しては、純粋に調査不足です。Googleで5分検索すれば出てくる内容です。
組織委員武藤敏郎事務総長は「われわれが1人1人を選んだわけではない」という言い訳をしています。
実際、クリエイター仲間もしくは広告代理店が選んでいるのでしょうが、その際に第三者の目でチェックを入れるのが組織委員会の仕事で、その仕事を放棄していることになります。


原因2.オリンピック組織委員会に大会の理念が共有されていない

2.が最悪です。
炎上した直後「高い倫理観を持って仕事をしているので留任」と言ってしまったことです。
個人の倫理観ではなく、この開会式を見る視聴者(特にパラリンピックに関しては障害者の人たち)がどう感じるかを最優先に考えなくてはならないのですが、「このタイミングでもあるので引き続き支え、貢献してもらいたい」と、自分たちの都合を優先し、続投させようとしていたわけです。

詳しくはこちら
 "小山田圭吾が、パラリンピックにだけは絶対に関わってはいけなかった理由"

このように、パラリンピックの理念「すべての人が共生する社会の構築」とは真逆の事を行っているのに「理念に反している」という判断ができなかったのは、理念が共有されていなかったからとしかいいようがありません。

そして、理念なく、その場限りの対応をしてるので、3.数時間後に撤回 となるわけです。
こんな人たちがいうこと、誰も信用しませんよね。

同様に、この五輪パラ開閉会式統括、組織委日置貴之氏のインタビュー

「復興五輪」という言葉が一切使われてないことに関して、「省いたつもりはない。たまたま書いてないだけ」と適当に答えているところからも、本気で忘れてたことが見受けられます。

さらに、コンセプトが英語だけで、しかもその英語が "United Emotion" という、英語ネイティブから見ると明らかにおかしい単語が使われているという酷いものになっていて、仕事ができな上に、理念が適当ということが非常によくわかるものとなっています。


原因3.オリンピックファーストという理念が丸出し過ぎる

この話は、オリンピックとは大して関係ない、慶應義塾大学特別招聘教授の夏野剛氏の発言がわかりやすいです

「公平感? ピアノの発表会なんてどうでもいいでしょ。オリンピックに比べれば」


 残念ながら、世の中にはオリンピックよりも娘のピアノの発表会の方が大切な人は山ほどいます。(私も、わざわざ北京五輪とロンドン五輪を現地で観戦するほどですが、娘のピアノの発表会の方が大切です)
 
 しかし、五輪関係者は「オリンピック、ファースト」という印籠を持って「庶民の生活なんて知ったことか」と、飲食店の営業を制限したり、イベントの開催を制限したりしていることに対し、ヘイトが溜まっているわけです。
 
 多くの人が「オリンピック、ふざけんな」と思っているが故に、なにか問題が生じたときに多くの人から突っ込みが入り、大炎上し、国際問題になるというのが連打され、現在のような惨状になっているのです。
 
 
 オリンピックは呪われているのではない。組織委員会が呪いをかけているのだ。
 
 このように、組織委員会と政府が中心に、ガソリンをまき、着火し、火に油を注いでいるから、このような焼け野原になっているわけです。

 組織委員会が日本人にオリンピックを嫌うように呪いをかけ、呪われた日本人がオリンピックに呪いをかけ、オリンピックがズタボロになっているのです。
 これはもう、人災としかいいようがありません。
 
 1964年の東京オリンピックは、戦争で焼け野原になった日本の復興を世界に示すオリンピックでした。
 そして、2020年のオリンピックは、組織委員会がポンコツで、オリンピック・パラリンピックすら焼け野原にするような状況だということを、世界に示すオリンピックになりました。
 
 この焼け野原のあと、日本が復興することになるのでしょうか?
 
 それはまるで、アベンジャーズ エンドゲームで、宇宙人口の半分が消えた世界のようなもので、この先どのような未来が待っているのか不安しかありません。
 
 そこで、TOU(Tokyo Olympic Universe)として、Netflixで放映してほしいです。
 

1.滝川クリステルと、お・も・て・な・し
2.佐野研二郎とパクられたロゴ
3.ザハ・ハディドと葬られた競技場
4.小池百合子と三度笠
5.森喜朗とわきまえない女
6.佐々木宏とオリンピッグ
7.椎名林檎と幻の開会式
8.猪瀬直樹とコンパクト五輪
9.日置貴之と記載されなかった復興五輪
10.米英スタッフと六本木のコカイン
11.入国管理局と消えたウガンダ人選手
12.小山田圭吾とクソまみれの過去
13.ウズベキスタン人と競技場の婦女暴行
14.ロシア人と失われたテレビと冷蔵庫
15.橋本聖子と眠れない24時間

五輪ジャーズ インフィニティウォー
五輪ジャーズ エンドゲーム
五輪を止めるな!
100日後に死ぬ五輪

10年後に死ぬ日本にならないように、みんなでこの焼け野原から復興していきましょう。

パラリンピック開会式で、小山田圭吾を吉田沙保里がジャーマンスープレックスでぶん投げるべきだと思う

オリンピック・パラリンピックの開会式の音楽をやることになった、コーネリアスこと小山田圭吾の25年前のいじめに関する記事が掘り起こされて炎上してます。

画像1

私は、学生時代からフリッパーズギターのファンで、全曲食い入るように聞いていました。
小沢健二派なので、コーネリアスになってからはたまにしか聞いてませんでしたが、最近はNetflixで「デザインあ」という番組を子供と見てて、音楽すげえなあと思ったらコーネリアスだった という程度の距離感です。

で、この25年前の記事は、まあ、どうしようもない、いじめでなく、傷害事件なので、擁護のしようがありません。
ただ、25年前の記事で、犯行が行われたのは35年前なので、時効です。

この状況で、小山田圭吾がネットリンチに遭うことについてこんな意見が出るのはわかります。

「いじめ自体を、人としてあるまじき行為でよくないですけど、じゃあ清廉潔白な人っていますかって思っちゃう」

オリンピック・パラリンピックは、清廉潔白じゃないといけない

私は、この意見、一般的には正しいと思っています。
過去の罪を引っ張り出してきて断罪することにあまり意味はないし、その人を闇に葬っても問題は解決しません。
だから、フェスにでるとか、テレビ番組の音楽をやるならいいと思うんですよ。
ただ、オリンピックやパラリンピックに関係するのはよくないんです。

それは、オリンピックやパラリンピックって、清廉潔白で(あることにし)ないと、存在意義がなくなるからです。

だって、ただのでっかい運動会に何兆円も使うとか、バカバカしいじゃないですか。
あれは「平和の祭典」「多様性と公正」「社会変革」みたいな綺麗事があるから、世界中で盛り上がるべきことになるんです。

画像2

まあ、実際は、カンボジアとか、半分以上の人がオリンピックの存在とか知らないですけどね。

清廉潔白のメッキがボロボロ剥がれる東京オリンピック・パラリンピック

とはいえ、この東京オリンピック、メッキが生きてたのは「お・も・て・な・し」くらいまでで、その後は不祥事のオンパレードです。ちょっと思い出すだけでもこんな感じ。

・エンブレムパクリ問題
・JOC会長、贈賄で起訴
・トライアスロンのお台場の水、汚水垂れ流しで大腸菌
・新国立競技場、金かかりすぎで設計変更
・結局できたものはゴミ
・猛暑対策に、水まき、朝顔、三度笠
・結局マラソンは札幌に
・森元会長大暴れ→辞任
・開会式、パワハラとメンツでMIKIKOや椎名林檎がクビ
・開会式、渡辺直美を豚にする案が流出し炎上
・コンパクト五輪→当初の4倍の予算で史上最大に
・復興五輪ってなんだっけ?
・有観客→1万人→無観客
・JOCの経理部長 自殺
・選手関係者は選手村で隔離のはずが、六本木でウェイ
・アメリカ人スタッフ、六本木でコカインやって捕まる
・開会式メンバー小山田圭吾、25年前の障害者いじめを掘り起こされ炎上

コロナ禍だから!と思いきや、コロナ関係あるのって無観客の話だけで、あとは、コロナ禍関係ないんですよね。

画像3


とはいえ、清廉潔白という建前は崩せない

とはいえ、だったらコカイン中毒者でも、障害者暴行犯でも、だれでもOK!というわけにはいきません。
建前を崩した瞬間に、存在意義がなくなるので。

おそらく、昔は、こういう不祥事も隠せたんだと思います。
小山田圭吾のインタビューだって、1995年当時は、ファンくらいしか読んでなかっただろうし、25年後にたくさんの人に読まれるなんてことは想像もしていなかったでしょう。

エンブレムパクリも、森会長の会合の発言も、開会式のメンバー変更も、ネットがなければ握りつぶせていたはず。
オリンピック・パラリンピックといった、清廉潔白とインターネットは非常に相性が悪いわけです。


インターネット時代のオリンピックはどうしよう?

さすがに、これだけ醜態をさらしまくっている東京オリンピックを見て「平和の祭典」「人類の英知」などと思う人はいないと思います。
その建前なしに、スポンサー効果がどれだけあるかも疑問になってきます。(少なくとも東京オリンピックのスポンサー効果はかなりの疑問符が付きます)

じゃあ、これからオリンピックはどうすればいいんでしょう?

状況としては「キングオブスポーツ」「猪木最強」のメッキがはげたプロレスに近いものがあります。プロレスはその後どうしたかというと、ショーであることを隠さずに、それでも面白いストーリーと試合を作り上げ、今また人気を呼び戻しています。

だから、オリンピックもその道しかないじゃないでしょうか?

暴言大王森元会長と、失言魔王バッハ会長が暴れているところに、正義の女子、池江璃花子が往復ビンタ!とか、障害者にバックドロップをかけようとする小山田圭吾を吉田沙保里がジャーマンスープレックスでぶん投げるとか。

画像5

ほっといても悪役が山ほど出てくるので、そいつらを正義のオリンピック選手がぶっ飛ばすというストーリーを挟んで、「パブリックエネミーをやっつける!」をテーマにして、みんなで盛り上がる!ヒャッハー!

画像4


と、いうわけで、現在作成中の、東京オリンピックのドキュメンタリー映画、ものすごく楽しみにしています。


追記

本人から謝罪文でました。
誠実な謝罪文だと思うのですが、おそらく、これからアメリカかイギリスの人権団体に見つかって国際的炎上になり、辞退を迫られることになるので、今のうちに、クレジットを消す+ギャラを全額障害者団体へ寄附をした方がいいと思います。

留学を手取り足取りサポートします!
もりぞお海外研究所

海外で生活している人たちに
直接話を聞いてみたい!
電子書籍に関する
最新の生情報を知りたい! そんな人たちのための、
有料会員組織です。
blogやtwitterで出せない生々しい情報を、じゃんじゃん公開しています。
サムライカレープロジェクトの現状も連日更新中!
会員200名突破!
(一般会員+メルマガ会員)
→詳細&入会情報はコチラ!

秋葉原でセミナーやるなら、アキバ会議室!

Wifi、プロジェクター、各種充電器など、便利なあれこれがそろってて、1時間3500円!

ad
無料メルマガ始めました
海外ラウンジ使い放題!
amazon
「世界」の仕事を探そう!
2017年も、タイだ!
サムライカレー公式ページ
著者近景

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。
プロフィール

もりぞお

ad
セカ就!外伝!

セカ就!新章書き下ろし!

完全書き下ろし250円!

セカ就!

前代未聞の海外就職ノベル!

100人以上からの感想!いただきました!

無料メルマガ始めました
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ